カテゴリ:旅行(泊まり)( 15 )

 

★天草コレジョ館

<お天気>晴れ    <気温>22.3度

富士山に初雪が降ったらしい。
こちらはこの4日ほど一番いい気候かな
南の海にまた台風が発生、北上中
またお天気悪くなりそうです。。

e0350415_21475762.png


<天草の旅>
天草は殉教の地なので
教会やそれにまつわる話が多い所です。

私の一番好きな教会は
入り江の向かい側から見た
"埼津教会"
来年は「教会とその集落」が
世界遺産に登録される予定です。

これは昨年12月に撮った写真です。

e0350415_17442836.jpg

天草へは何度も行きながら一度も寄ったことのない場所

<天草コレジョ館>
館長さんが案内してくれます。

コレジヨとはポルトガル語で宣教師養成を目的とした
大神学校のことで、
1591年〜1597年までの7年間
ラテン語や最新のヨーロッパ文化が学べたそうです。
高度な教育が行われると共に、
天正遣欧少年使節団がヨーロッパから持ち帰った
グーテンベルク印刷機で
西洋に劣らぬ、活版印刷も行われていたそうです。
しかし、この印刷機は宣教師の国外追放とともに
マカオへ送り返されたので、複製が飾られていました。
e0350415_21212754.jpg

2階の展示室には、
たくさんの世界の人形達や絵本が展示されています。
この人形達は「世界の平和はこどもから」の思いを抱き、
100カ国に平和大使として送った日本人形。
思いに応えた国から贈られてきた人形達が117体集まり、
平和の思いを伝えていました。
e0350415_21385493.jpg

e0350415_21475762.png
&
[PR]

by 1944-suzu | 2017-10-26 22:11 | 旅行(泊まり) | Comments(14)  

★天草  伊勢海老まつり

<お天気>晴れ  <気温>22.3度


台風一過で、素晴らしい秋空に恵まれた
24日~25日
天草諸島南部、牛深へ一泊で出かけてきました。

牛深公園から見た牛深の港町とハイヤ大橋
天草灘の風景です。

e0350415_06074323.jpg


天草灘に面した天草の西海岸は、
天然の伊勢えびが獲れます。
漁が解禁される時期
天草では「伊勢海老まつり」がおこなわれています。

http://www.t-island.jp/iseebi2017

新鮮な伊勢えびのお刺身のほか色々
美味しいお魚と天草の風景を楽しんできました。

e0350415_06312782.jpg

e0350415_08321738.gif

[PR]

by 1944-suzu | 2017-10-25 21:32 | 旅行(泊まり) | Comments(17)  

★隠岐、西ノ島、国賀海岸巡り

5月14日(日)
<お天気>晴れ  <気温>27.1度
母の日
ありがとう

e0350415_20552259.jpg
e0350415_08262270.gif

5月11日(木)
<にっぽん丸の旅 2日目>

眠っている間に船は到着
浦郷沖に停泊中

ラジオ体操の後モーニングコーヒー
お天気は良いようです。

e0350415_21471240.jpg

<隠岐 西ノ島上陸>

島根半島から北東へ約65km、
日本海に浮かぶ隠岐諸島は
大小180余りの島々から成り立つ群島型離島です。

住民の住む4つの島で二番目に大きな西ノ島は
人口3000人に満たない島です。
(隠岐の人口は約20000人)

大山隠岐国立公園、世界ジオパークに認定されています。


にっぽん丸と岸壁間は
小型ボートで移動して上陸
バス6台に分かれて観光しました。

海から垂直にそそり立つ岩屋など奇勝が多く、
日本海の雄大な景色が見られます。
ここも黄砂の飛来て゛少し霞んでいます。

隠岐を代表する景勝地
<赤尾展望所より国賀海岸>

e0350415_05501548.jpg

この小さな島に300人の人がやってきました。
放牧の馬や牛も驚くかと思ったら何の事はなく
平気で草を食んでいます(*^_^*)

e0350415_05480938.jpg
e0350415_05454306.jpg

昔はこうゆう斜面に畑が作られていたそうですが
今では馬や牛が放牧され
高級牛として都会へ出ていくそうです。

<牧畑>

e0350415_05494985.jpg

次はボートに乗って、
海の方からの見学です。

<国賀海岸>
大自然が創り出した造形の妙を観る事が出来ます。

e0350415_05465998.jpg



e0350415_07195571.jpg

e0350415_07191293.jpg


漁業
岩ガキ、ウニ、サザエ、高級魚はすべて出荷され
活きのいいうちに都会へ送られるそうで
地元の人たちは
自分で釣りをしたり、潜ったりして自給自足していますと
ガイドさんが、健康な笑顔で話してくれました。

e0350415_05435678.jpg


その他
バスの中からの観光

<由良比女神社&イカ寄せの浜>
漁業の神様が祭られ
イカが押し寄せてくる浜

<黒木御所>
後醍醐天皇が配流になられ、
約1年間住まわれたといわれる伝承の地
島を代表する史跡となっています。

港では地元魚協がテントを張り
イワシの味醂干しの焼き立てをもてなしてくれましたが
美味しいので、お土産に欲しい人がいても在庫なし
小さな島に大勢の人が押し寄せて対応できなかったようです
素朴で良いですね。(*^_^*)

夕方には本船へ戻り
またゆっくりゆっくり一日かけて船旅を楽しみながら
明くる日、熊本港へ17時に帰港しました。

e0350415_08042869.gif




[PR]

by 1944-suzu | 2017-05-15 08:33 | 旅行(泊まり) | Comments(23)  

★にっぽん丸~隠岐の島クルーズ

5月13日(土)
<お天気>晴れ  <気温>25.3度

5月10日~12日、2泊3日
”にっぽん丸のクルーズ”を楽しんできました。
熊本港発着~島根県隠岐の島

<にっぽん丸>
全長6606m、幅24.0m
客室202室、定員524人、乗組員230名
最高速力21ノット
時速30キロ位のゆっくりした船旅が楽しめます。
気の短い方には不向きな旅ですね(笑)

今回は、333名の乗船者です。

e0350415_11211618.gif

10日10時出航

送迎セレモニーが終わり
くまモンや和太鼓の演奏に見送られ、隠岐の島へと出航


テープが風にあおられて乱れてしまいましたが
ドラの音やテープは船旅の気分を盛り上げてくれますね


まず最初のお食事は
にっぽん丸特製ドライカレーを美味しく頂きました

e0350415_15301476.jpg
ウエルカムディナー
メインダイニングにて、本格フレンチ
e0350415_16125714.jpg

2日目は
懐石風和食

e0350415_16460303.jpg


朝食は和食&洋食ビュッフェが選べます。
其の他、モー二ングコーヒー、アフタヌーンティーが
自由に楽しめます。
お休み前の夜食も希望すれば頂けます。

ディナーの後はミニカクテルパーティー
コンサートやショーが楽しめます
e0350415_17310428.jpg

私達には懐かしの歌手
今はアニメソングの戦艦大和で知られている
佐々木功さん
未だ衰えぬ、素晴らしい歌声を聴かせてもらいました。

その後は
ダンスタイム&カジノタイム
私達は、おねんねの時間です
おやすみ~(*.゚)+

続きます。


[PR]

by 1944-suzu | 2017-05-08 16:36 | 旅行(泊まり) | Comments(12)  

これで忘年会終わり(*^_^*)

<天気>晴れ  <気温>19、5度

19日は
いつもの女子四人
お寿司屋さんのランチで忘年会
そのあとカラオケで二時間歌い
デパ地下で
夕飯材料買って帰るのです(笑)

来年も仲良く遊びまわりましょうね。
忘年会だからビールで乾杯!!

e0350415_22540214.jpg
e0350415_23092639.gif

21日〜22日
<天気>雨 <気温>19.4度

時々利用する旅行会社の忘年会
あちら側からは謝恩会だそうです(*^_^*)
この頃は余り旅行もしておりませんが
案内を頂いたので友人と3名で参加しました。
震災の復興割引を使っての一泊どまりです。

今回が最終日
バス三台、120名ほどの大忘年会
賑わいましたよ。

e0350415_01593983.jpg


場所は上天草、大矢野の老舗のホテル

e0350415_02134940.jpg


ちなみに熊本の県魚は「車海老」
まあ、細かく言えば魚ではないけど(笑)
ここ大矢野が産地です。
”踊り”で食べるとぷりぷりとした甘みが味わえます。

e0350415_01463104.jpg
e0350415_23092639.gif


[PR]

by 1944-suzu | 2016-12-22 22:27 | 旅行(泊まり) | Comments(15)  

★女性の会バス旅行

2016.11.16(水)晴れ   気温20.3度

福岡の甘木へ行ってきました。
昭和の匂いのする劇場で大衆演劇を観てきました。
テレビの中では見た事はありますが実演を観るのは
私は初めてです。
結構賑わっているのにびっくりです。

e0350415_22514072.jpg

次に寄ったのは
大刀洗平和記念館

この記念館には、世界で現存しているただ一つの
ゼロ戦の三二型(零式艦上戦闘機三二型)の機体が展示してあります。

修学旅行の中学生が大勢見学していました

e0350415_14575238.gif

大刀洗には東洋一と云われる広さの大刀洗飛行場があり
特攻隊で有名な、鹿児島、知覧は
この大刀洗飛行学校の分校だったそうです。
特攻隊の中継基地として、
多くの若き特攻隊員たちの出撃を見送った場所でもあります。
入ってすぐに展示されているゼロ戦の機体以外は撮影禁止となっていますが
二階まで色んな纏わる展示物が見られ、
若くして飛び立っていった特攻隊員の手紙などは胸が詰まってしまいます。
ここも昭和20年(1945年)3月、米軍の大空襲により壊滅的な被害を受け、
民間人を含む、多くの尊い命が失われたところです。

今では、この飛行場の跡地にはキリンビール福岡工場が立っています。
工場見学の後には、
試飲\(^o^)/
キリン一番搾り、キリンプレミアム、黒ビールの三種が飲めます。
さすがに三杯も飲んだ強者はいませんでしたが(笑)

e0350415_07420984.jpg

後は皆さんほろ酔い加減で昼食を食べて
休憩の後
造り酒屋さんや肉まんやさんも見学
(もちろん試食あり)
まだ紅葉までには至っていませんが、杷木の柿畑も眺めました。
道の駅には美味しそうな柿がたくさん並んでいました。
お土産も買ったし後は高速道を一走りで帰熊しました。

e0350415_06594252.jpg


[PR]

by 1944-suzu | 2016-11-16 22:32 | 旅行(泊まり) | Comments(31)  

★湯の鶴温泉、湯治宿

2016.09.22(木)曇&小雨   気温22.6度

小雨が降ったり止んだりの日
台風で延期になっていた、"熊本地震復興バスツアー"へ出かけてきました。

熊本最南端の水俣市街地から15分ほど山間部へ入った温泉地
山あいにひっそりと佇む湯の鶴温泉」

名前の由来は、700年前平家の落人が、
傷ついた鶴が、湯あみするのを見て名付けられたとされています。
昔から、湯治場として有名な温泉郷

こじんまりした旅館が数軒あるだけ
小雨が似合う温泉地です。

e0350415_23292247.jpg

山間の狭い川の両側に、昔懐かしの湯治宿
泉質は単純硫黄泉で、『新・日本百名湯』にも選ばれています。
高温で少しぬめりのある感触、ほのかに硫黄の匂いがするお湯です。
e0350415_23370851.jpg


ご馳走は
牛肉の陶板焼き、太刀魚の刺身、鱧の湯引き、ピーナツ豆腐

e0350415_00042320.jpg


アユの塩焼き
本物の味のするお料理が出てきます。

e0350415_00045150.jpg


うなぎとアサリ貝の味噌汁
ご飯、漬物

湯上りに、プリン、羊羹、ケーキのデザートが並んでいます。
別腹が食べなさいとささやきます(笑)

e0350415_00051303.jpg

知る人ぞ知る
湯の鶴温泉」
ひなびた風情を醸し出していて、とても落ち着いた雰囲気と
美味しいお料理
素適な温泉地になっていますよ。

e0350415_23532829.jpg



帰りに星野富弘美術館へ立ち寄ってきました。
何度行ってもグッと胸に迫るものがある詩と絵です。

e0350415_00305869.jpg
e0350415_00120728.gif

[PR]

by 1944-suzu | 2016-09-22 23:23 | 旅行(泊まり) | Comments(30)  

★鹿児島 指宿温泉へ一泊

2016.09.11.(日)晴れ  気温33.3度

昨日から一泊で
鹿児島県 薩摩半島の南端にある 指宿温泉へ行ってきました。
指宿のシンボル開聞岳は町のどこからでも望めます。

開聞岳(924m)
日本百名山
綺麗な正三角錐のような形ですっくとそびえ立つ姿は
「薩摩富士」と言われるだけあって
いつ見てもとても綺麗な山です。

e0350415_06515524.jpg


JR日本最南端・西大山駅

ローカル線の小さな駅、1日に10本の列車が停車する無人駅
長閑で、いつまでもベンチに座って開聞岳を眺めていたい場所です。

e0350415_06550821.jpg


指宿と云えば温泉の町、
砂むし温泉などが有名です。
ホテルに早めに到着、ゆっくり温泉を楽しみました。

湯上りにビールで乾杯!!
鹿児島黒豚、薩摩地鶏、お魚、鹿児島も食材は豊富です。

e0350415_09263752.jpg


熊本IC → 鹿児島IC →  国道 → 指宿
薩摩半島、最南端の町まで4時間ほど
気心知れたお仲間さんたちとの楽しいバスの旅でした。



熊本インター付近はまだ地震の復興工事が続いて
少し渋滞します。
工事用の重機が並んでいます。
e0350415_09362179.jpg


e0350415_2336640.gif

[PR]

by 1944-suzu | 2016-09-12 05:18 | 旅行(泊まり) | Comments(23)  

★別府温泉一泊旅行

2016.03.27(日)晴れ  気温14.0度

26日(土)27日(日)

別府オルレコースを歩く仲間たちと、
別府温泉へ行ってきました。
オルレスタート地”志高湖”

e0350415_23463510.jpg


皆を見送ったら居残り組は
別府かんぽの宿へ

日本一の源泉数、湧出量を誇る別府
至る所で湯けむりが上がっています。

山の方でも

e0350415_23202339.jpg

街の方にも


どちらを向いても湯煙が上がっています。
e0350415_23203810.jpg


ユックリと温泉を楽しみ、仲間たちを待ちます。

揃っての夕食は

e0350415_08243766.jpg




海の幸は関アジのお刺身

e0350415_07175048.jpg




山の幸は豊後牛の網焼き

e0350415_07233609.jpg



その他のお料理も色々

e0350415_07184887.jpg

ご馳走食べて(*^_^*)また一風呂浴びて
4人部屋
お布団の中でのおしゃべりも楽しみです。

明くる日
別府湾に綺麗な朝日が昇りました。


ホテルの窓から

e0350415_07484286.jpg


帰り道、湯布院に寄ってみたら凄い人出です。
お隣の国の方がほとんどのようです。
昨日の志高湖にも沢山のお客様が、、、。

そう云えば別府湾に大きな観光船が停泊していました。

e0350415_08025150.jpg


雑貨屋さんが並ぶ街並みもこんな具合です。
飛び交う言葉は??
まるで此方が異国にいるような気分です。
e0350415_08030728.jpg


やまなみハイウェー飯田高原から牧ノ戸峠越え
峠では季節外れの小雪が舞いました。
かんぽの宿送迎のバスで
楽しい温泉一泊の旅でした。


e0350415_06582485.gif

[PR]

by 1944-suzu | 2016-03-27 22:22 | 旅行(泊まり) | Comments(26)  

★島原、雲仙のあれこれ

2015.11.28(土)曇  気温12.7度

<カモメと虹>
熊本港と島原港をつなぐフェリーに乗ると
沢山のカモメたちがフェリーの周りを飛び回ります。

e0350415_07290291.jpg

海の上に虹が見えました。
遮るものがないので肉眼では虹の橋が
もっと綺麗に見えたのですが
コンデジの悲しさよ、
こんな写りになりました。

e0350415_07594635.jpg


今度はスマホで

くっきりとした七色の虹が半分だけ撮れました。
眺めていると幸せな気持ちになれます。

e0350415_07570137.jpg


<雲仙地獄は猫天国>
地獄は地熱が有り暖かいので
猫ちゃんたち気持ちよさそうに寝ていました。

e0350415_22133872.jpg


雲仙の町にはレトロな建物が多く
いい雰囲気の温泉町です。

e0350415_06341431.jpg


フェリーから島原を眺める。
島原で忘れない出来事
左奥の雲仙普賢岳の大噴火
左の橋が見える場所、水無川を火砕流が流れ家を人を自然を
破壊してしまいました。
右手前の眉山に守られて島原の町や武家屋敷などは無事だったのです。

e0350415_07052215.jpg


水無川下流では流された家屋が土石流に埋まったまま、
公園として残されています。
20数年を過ぎやっと雑草も生え、植えられた木々も大きくなっていました。



e0350415_07564392.jpg

e0350415_20410363.gif


[PR]

by 1944-suzu | 2015-11-27 20:59 | 旅行(泊まり) | Comments(15)